【永久保存版】完全攻略!中山競馬場 コース解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずはおさえておきたい!中山競馬場のコース形状

◆右回りコース
競馬場には「右回り」と「左回り」があります。
競走馬によっては●回りが得意、あるいは●回りが苦手と
コースの得意不得意を示す場合があります。
競馬新聞の馬柱などで確認しましょう!
なお、他の右回りは、以下のとおりです。
京都競馬場、阪神競馬場、福島競馬場、小倉競馬場、札幌競馬場、函館競馬場

◆JRA全場で最も高低差のあるコース
スタンドの正面から1~2コーナーに向かって上がり勾配が続き、
2コーナーの手前で最高点となります。
そこから下りに変わり、最後の直線まで走り続けた競走馬を待ち構えるのは
高低差2.2メートルの急坂!
それまで、快調に飛ばしてきた競走馬もここが勝負所。
坂を登りきるパワーや、走りを切らさないメンタルが必要なコースと言えます。

◆最後の直線が短いコース
最後の直線が310メートル(ダート308メートル)と短いことに加えて、
前述の通り急坂が待ち構えるコースのため、
「しまい一辺倒」の馬にとっては厳しいコースと言えます。

芝コースの特徴

◆1,200メートル
スタートは2コーナー過ぎから。
1~2コーナーの上がり勾配は走らないので、
スタートから急坂まで下りでスピードがつきます。
やはり「しまい一辺倒」の馬にはきついコースです。
脚質では、スタートから下り坂を駆ける、
逃げ・先行勢が有利と言えます。

管理人
管理人

電撃戦!スプリンターズステークスの舞台です!

◆1,600メートル
スタートは1コーナーのポケットから。
このスタート地点付近が最高点なので、1,200メートル同様に
スタートから急坂まで下りでスピードがつきます。
ポケットから発走のため、
2コーナーに内につけ、向正面で好ポジションを取れるか」が一つの鍵になります。
そのため、内枠に入った逃げ・先行勢には注目が必要です。

◆1,800メートル
スタートはスタンド前。そのため、スタート後すぐに坂を登ります。
そのため、外枠に入ってしまった先行脚質にとっては、
距離を走らされるので不利と言えます。

◆2,000メートル
スタートは4コーナーを曲がり終えた直線から。
そのため、「スタートしてすぐ」と「ゴール前」と2回も急坂を超えることになります。
明らかなハイペースにはなりにくいコースと言えます。
やはり「長く良い脚」が必要なコースのため、先行馬有利と言えます。
→皐月賞(GⅠ)

管理人
管理人

クラシック初戦、皐月賞の舞台ですね!

◆2,200メートル
スタートは芝2,000メートルのスタート地点より右に移動した外回り発走。
2,000メートルと同じ展開が想定されます。

◆2,500メートル
スタートは外回りコースの3コーナー手前から。
スタートからスタンド前に入るまでに、熾烈なポジション取りが行われるため、
脚質は先行が有利となっております。
また、枠は中枠が好走傾向にあります。

管理人
管理人

年末の風物詩、有馬記念の舞台です!

◆3,600メートル
スタートは芝1,800メートルと芝2,000メートルの中間付近。
平地での最長距離のコースである上、急坂の存在もあり、
最もタフなコースです。
外枠に入った、長く良い脚を使う逃げ・先行馬が有利な傾向があります。

ダートコースの特徴

◆1,200メートル
スタートは向正面の芝から。下り坂を駆け下りるためスタートが重要になります。
ダッシュがつかない内枠の馬は進路を塞がれるので割引いて考えると良いです。
逆に、内枠でスタートが上手い馬には注目が必要です。

◆1,800メートル
スタートはスタンド前の直線の入口から。
1コーナーまでは距離がありますが、ただでさえ急勾配コースなので、
ロスは極力減らしたいところ。やはり先行勢は内を狙います。

◆2,400メートル
スタートは向正面中程から。
急勾配のダートを1周半も走る、パワーとスタミナが試されるコースです。
逃げ・先行勢が有利とデータにも示されており、
前でダレずに粘る馬に注目です。
2,000メートルを超えるダート番組も少ないので、
出走する馬の前走を確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました